頑固なニキビは皮膚科や美容外科で治療出来る

出来る原因と対策法

美容整形

日頃から気をつけること

誰でも一度は経験がある、よく起こりやすい肌トラブルの1つがニキビです。ニキビは毛穴に皮脂が溜まり、それをエサにしてアクネ菌が繁殖することで起こります。ニキビを防ぐには、夜更かしをしないで規則正しい生活をすることや、ストレスを溜めないこと、毎日正しいスキンケアをすることが大切です。不衛生な環境もニキビを引き起こします。前髪がおでこにつくと、それがニキビの原因になることがあります。肌に触れる下着は常に清潔なものを着用することも大切です。また、お風呂のときにシャンプーの泡が背中についたままで上がると、背中ニキビの原因になります。お風呂に入る時はシャンプーの後にボディーソープを使って体を洗うことをおすすめします。

クリニックでケア

ニキビの治療は医療機関だと皮膚科でできます。皮膚科には「一般皮膚科」と「美容皮膚科」があります。一般皮膚科では治療法が限られていて、主に塗り薬と飲み薬の処方になります。美容皮膚科だと一般皮膚科よりも治療の幅が広がります。塗り薬と飲み薬に加えて、プラズマクリアやフォトフェイシャルなどの光治療、更にケミカルピーリングやビタミンCイオン導入など、最新の治療ができます。ニキビ跡にも効果があるのが、プラズマクリアやフェイシャルです。光やレーザーを照射する治療で、コラーゲンやエラスチンを増やしてニキビ跡の肌の再生を促し、色素沈着やクレーター状の凹凸を改善できます。肌全体が生まれ変キメ、透明感、若々しいハリやツヤがアップします。