頑固なニキビは皮膚科や美容外科で治療出来る

皮膚科で相談してみよう

手鏡を見る女性

皮膚科に相談するのがいい

以前ならニキビは青春の証、若い頃の自然現象なのでそのままにしておく人も多くいましたが、最近は皮膚科に相談する人が増加しています。これはニキビに悩まされる年代と関係があり、思春期特有のニキビと大人ニキビと言われる大人になってから悩まされる人の増加と関係があります。思春期特有のニキビは、ホルモンバランスが成長すると共に整ってくるので自然に治ることも多いものです。しかし、大人ニキビは原因をはっきりと特定することは難しく、なぜできるのかは様々な要因がからまっていることが多いです。改善方法も思春期特有のものとは違いますので、同じスキンケアでは改善できないことも多いです。そこで、大人ニキビに悩まされている人は皮膚科へ相談しに行き適切な治療を受ける人が多い傾向にあります。今後も大人ニキビは増加することが予測されますので、皮膚科で治療するのが当たり前となってくるでしょう。

生活習慣の改善を心掛ける

大人になってからできるニキビのことを大人ニキビといいますが、できる原因を1つに絞ることは難しく様々な原因が考えられます。皮膚科に通い適切な治療を受けても、生活習慣がそのままの場合、治療効果を得ることが難しい場合もあります。まずは、生活習慣を規則正しい生活に切り替えることから始めるようにしましょう。食生活は三食バランス良く食べるように心掛け、お菓子などの間食は控えるようにするのがお勧めです。アルコールの量は適量までに減らして、たばこを吸う習慣があるならやめるのが得策です。また、スキンケアを自分の肌質にあうものに切り替えることも考えてみましょう。そして、ストレスを溜めないように趣味などで解消を心掛けるようにするのも効果的です。